事務所紹介

取扱業務


主な取扱技術分野

  • バイオ・医薬・食品

  • 化学・材料

  • 機械

  • 電気・電子

  • 情報・IT
    ソフトウェア

国内出願

(特許・実用新案・意匠・商標)


日本特許庁への特許、実用新案、意匠、商標の出願・中間処理から登録に至るまで権利取得業務

国内出願において、特許事務所に求められる役割は、保護対象を的確に把握し、正確かつ包括的に表現するとともに、他社の排除のために速やかに手続をスタートさせることと言えます。

知的財産権の取得は「目的」ではなく、お客様のビジネスを支えるための「戦略」であり「手段」です。SKIPは、先端分野の技術者であること、知的財産権法の法律家であることを前提として、更にお客様の良き相談役であることを自らに課しています。発明の本質はどこにあるか、どのような権利保護が必要か、どこまでコストをかけ、どの範囲の権利を主張するかなどについて、お客様との対話を重視している点が私たちの特徴です。

外国出願

(特許・実用新案・意匠・商標)


外国特許庁への特許、実用新案、意匠、商標の出願・中間処理から登録に至るまで権利取得業務

国際特許出願(PCT)、国際意匠出願(ハーグ)、国際商標出願(マドプロ)

ビジネスの国際化により、外国での権利取得ニーズは年々高まりつつあります。しかしながら、コストとのバランスにより十分な権利取得ができないというご相談を受けるケースも少なくありません。

SKIPは、所内作業の合理化、現地代理人の慎重な選定を行うことにより、非常に安価に外国出願できる体制を構築しました。また多数の国への出願実績の蓄積により、国内出願の段階から外国出願を意識した明細書作成を行うことが可能です。私たちは、お客様の海外での戦略的な権利取得をサポートいたします。

特許翻訳


日本語、英語、中国語、韓国語、台湾語、その他各国言語の特許翻訳

一つの言語で表現されたものを他言語に翻訳すれば、その意味やニュアンスは必ず異なったものになります。したがって、特許翻訳者は、翻訳による相違を最小限にすると共に、その相違が不可避である場合には、それが文書の目的に照らして許容されるように翻訳する役割を担います。

SKIPに在籍する特許翻訳スタッフは、海外での生活経験と技術的な専門性を有するいわゆる「バイリンガル技術者」であり、単に語学力を有するだけでなく、二つの言語の相違を最小化するための文化的背景の理解、技術内容の的確な把握が可能です。SKIPでは、翻訳によって生じる問題を最小限にとどめる特許翻訳を提供いたします。

調査


先行技術調査(出願前調査)、無効資料調査、侵害予防調査

特許調査には、自社にとって障壁となる特許を把握する、自社の事業に有益な特許の情報を取得するなど様々な目的があります。事業戦略の策定、研究開発、出願準備、そして権利行使などそれぞれのフェーズで適切な特許調査を行うことにより、ビジネスにおける知財リスクの回避、軽減、そして知的財産権の有効活用を図ることが可能です。

SKIPは、特許事務所には珍しく「特許調査が得意な事務所」です。通常の特許調査会社とは異なり、例えば、新製品発売前の先行技術調査において、その後の鑑定や無効審判の際に必要となる資料を想定しながら、弁理士が自ら調査を行いますので、効率的かつ安価に特許調査を行うことができます。また、日本だけでなく、アメリカ、欧州各国、中国、韓国、台湾などの特許調査をまとめて依頼いただくことも可能です。

鑑定


侵害性鑑定、有効性鑑定

侵害性鑑定とは、特定の製品が、対象特許の権利範囲に属するかについて弁理士の見解を示すものです。有効性鑑定とは、対象特許に特許性があるかについて弁理士の見解を示すものです。他社が自社の特許を侵害しているのではないか、自社製品が他社の特許を侵害しているのではないかなどの懸念がある場合、早期に的確な鑑定結果を得ることにより、知財リスクの回避、軽減を図ることが可能です。

SKIPでは、対象技術を私たち自身が十分に理解し、法律的な知識に基づいた根拠を提示するだけでなく、お客様に鑑定結果を納得いただけるためのコミュニケーションを重視しています。単に鑑定結果を提供するだけでなく、その後の展開も踏まえた相談にも対応させていただきます。

審判


無効審判、異議申立、情報提供

他社の特許に対して無効審判や異議申立を請求する場合、また他社から自社特許の無効審判や異議申立を請求された場合、その代理をする特許事務所の経験値の差は、コストと品質の差に直結します。

SKIPでは、多数の無効審判、異議申立の経験をもとに、特許調査や鑑定を行った弁理士がそのまま無効審判、更にはその後の審決取消訴訟を担当いたします。そのため、準備時間を短縮することができ、トータルコストを抑えることが可能です。

争訟


侵害訴訟、審決取消訴訟、侵害警告、和解交渉

侵害訴訟や審決取消訴訟の代理人(特定侵害訴訟代理資格を有する弁理士)あるいは補佐人として、弁護士と共に依頼者を代理、補佐いたします。訴訟において私たち弁理士に求められるのは、技術と法律という二つの世界を結びつける役割です。法律全般の専門家である弁護士と、技術専門家であるお客様との橋渡しを行うとともに、裁判官に事件の技術的側面を理解してもらうための技術説明を行うことも要求されます。

そのため法律、技術の知識はもちろんのこと、侵害訴訟の経験も重要となります。訴訟経験の豊富なSKIPの弁理士は、お客様の力になることを約束いたします。