採用情報

採用FAQ

必要な資格や知識はありますか

応募時の必須資格は設けておりません。必要な知識は職種により変わってきますが、入所してから勉強する機会もたくさんありますし、新入所員にはOJTも行っています。常に新しい知識を習得することが求められる仕事ですので、応募時の資格や知識というより、入所後に学習を続けることに抵抗感がないのが第一条件となります。

知財関連の業務が未経験でも応募できますか

はい。SKIPでは未経験で入所して現在活躍中の所員がたくさんいます。もちろん、経験者の方のご応募もお待ちしています。

最終学歴の制限はありますか

求める最終学歴は以下の通りです。みなさんのご応募をお待ちしております。
弁理士・特許技術者: 理系大卒以上(理系修士または理系博士以上が好ましい)
特許事務: 高卒以上(大卒以上が好ましい)

事務所見学はできますか

いつでも大歓迎です。見学希望の方は、お気軽にご連絡ください。

採用応募から内定までのスケジュールを教えてください

まず、お送りいただいた履歴書、職務経歴書をもとに書類選考をおこないます。通過された方には、面接(1~2回)を受けていただきます。在職中の方や、遠方に居住されている方は、Skypeを使用したオンライン面接も可能です。応募から内定までは2週間~1ヶ月ほどを見込んでいます。

内定から入所までのスケジュールを教えてください

入所予定日については、現職の退職予定日や、子育て中の方は保育園の入園日などに合わせて相談させていただきます。入所当日は、ガイダンスの時間を設けていますので、そこで勤務時間や休暇などをご説明いたします。各種書類の提出をしていただき、その後、パソコンの設定なども一緒に行います。

所内の雰囲気を教えてください

基本的にフロアは静かです。在宅勤務も多いので、所員のオフィス在席率は50%ほどです。所内ではチャットワークまたはスカイプを使用して連絡を取り合ったり、意見の交換をしたりすることが活発です。とても穏やかな環境ですし、落ち着いて仕事に取り組めます。

勤務時の服装はどういったものですか

服装は自由です。「初出勤はスーツの方がいいでしょうか」との質問を受けますが、「私服でいらしてくださいね」とお伝えしています。

使用するパソコンの仕様を教えてください

職種によって異なりますが、最新の高スペックなパソコンが貸与されます。業務効率化のためにIT投資を惜しまないことがSKIPの方針です。

使用するパソコン周辺機器を教えてください

ディスプレイは27インチを使っている所員が多いですが、希望があれば40インチ以上の大型ディスプレイや、マルチディスプレイにしていただくことも可能です。マウスやキーボードなども事務所の経費で好きなものをそろえることができます。

ランチはどうしていますか

お弁当を持ってくる人、コンビニで買ってくる人、近くのカフェやレストランに食べに行く人など、様々です。

オフィスのたばこ事情について教えてください

所内は禁煙です。現在、喫煙者の所員がいないためタバコを吸うための喫煙スペースは用意しておりません。

オフィスのトイレは男女別ですか

ご安心ください。オフィスのトイレは男女別です。しかも、新しいトイレなので綺麗です。

勉強会はありますか

はい。半数くらいの所員が何かの勉強会に入っています。弁理士試験勉強会、判例研究会、英語サークル、最近では中国語サークル、中国特許法研究会などがあります。気になるものがありましたらぜひ勉強会に参加してみてください。

勤務時間を教えてください

事務所の営業時間は10:00~18:00です。ただし、完全フレックス制ですので固定された勤務時間はありません。お子さんの保育園の送迎時間、電車の混雑具合などによって、調整いただくことが可能です。

残業・休日出勤はありますか

残業や休日出勤はそれぞれの繁忙期によって違ってきますが、計画的に仕事を進めたりすることで残業なく帰宅できます。なお、SKIPでは、事務開発部門の平均の週労働時間は30時間程度ですし、サービス残業は一切なく、毎月の割増残業代はきちんと満額支払っていますので安心してください。

休暇は取得しやすい雰囲気ですか

はい。長期休暇を取って海外旅行に行く人もいます。休みが取りにくい雰囲気はありません。

既婚女性であることはハンデになりますか

そんなことはありません。現在も家庭と仕事を両立されている女性がたくさん在籍していますので、困ったことがあったら気軽にお声かけください。

出産・育児・介護を応援する制度はありますか

はい、あります。協会健保の出産一時金や、育児休業、短時間勤務など、各種ありますので何かございましたらお気軽にお声かけください。

在宅での勤務はできますか

はい。SKIPでは所員の働きやすさを第一に考え、本人の希望があれば在宅での勤務を推奨しています。在宅での仕事をメインとして、事務所への出勤は週1回程度という所員もたくさんいます。

弁理士試験休暇とは何ですか

弁理士資格取得などのブラッシュアップ目的のために取得できる休暇のことです。特に期間の上限は設けていませんが、2週間~1ヶ月ほどの試験休暇を取る受験生が多いです。

夏季休暇、冬季休暇はいつですか

夏季休暇は7月から9月の間の好きな時に3日取ることができます。冬期休暇は、特許庁の閉庁日に一致しており、例年は12月29日から1月3日です。

福利厚生制度・施設・行事などの主なものを教えてください

SKIPのおもしろい福利厚生制度といえば「所内交流費制度」です。これは、グループごとに補助金が出るもので、主にランチ代や卓球などのスポーツ交流会の費用として使っています。その他、歓送迎会や忘年会があります。なお、所員旅行は実施していません。