ブログ

米国出願のフォーマット色々

2013.11.21

SKIP

米国では、要約書の文字数は、150ワード以下にすべきことが定められており、これを超えると補正指令がかかり、自発補正で要約を短くする必要があります。かならず補正指令がかかるわけではなく、ちょっとくらい超えていても大丈夫のことが多いようです。従って、PCT出願の要約書が長い場合には、国内移行時に自発補正を提出して、要約を短くしておくほうが無難です。
また、発明の名称は、500文字以下で、できるだけ短く且つ明確に記載する必要があります。日本の実務だと、「半導体装置」などの非常に短い名称にする場合がありますが、審査官によっては、もっと具体的な名称にすべきだと指摘する人もいます。指摘されることは稀なので、全件に対応するよりも指摘されたときに対応する方がいいと思います。
また、以前に図面のフローチャートやブロック図が枠+符号のみで記載されている案件について、枠の中に具体的な内容を記載すべきだという指摘を受けたこともありますので、図面作製時には注意が必要です。
§1.72 Title and abstract.
(a)
The title of the invention may not exceed 500 characters in length and must be as short and specific as possible. Characters that cannot be captured and recorded in the Office’s automated information systems may not be reflected in the Office’s records in such systems or in documents created by the Office. Unless the title is supplied in an application data sheet (§ 1.76), the title of the invention should appear as a heading on the first page of the specification.
(b)
A brief abstract of the technical disclosure in the specification must commence on a separate sheet, preferably following the claims, under the heading “Abstract” or “Abstract of the Disclosure.” The sheet or sheets presenting the abstract may not include other parts of the application or other material. The abstract in an application filed under 35 U.S.C. 111 may not exceed 150 words in length. The purpose of the abstract is to enable the United States Patent and Trademark Office and the public generally to determine quickly from a cursory inspection the nature and gist of the technical disclosure.