ブログ

PCT出願時に代理人を変えるメリット

2019.04.12

伊藤 寛之

弊所は、外国出願費用削減を可能にする戦略を採用していますので、国内移行時から弊所に案件を取り扱うように依頼されることが多くあります。
翻訳をしながらPCT出願の明細書をレビューしますが、素晴らしい明細書もあれば、そうでない明細書あります。ときには、請求項が実施形態を含んでいないというお粗末なものもあります。自社出願なら仕方がない部分がありますが、代理人を使っている出願でもそのようなものもあります。国内移行の時点では、できることはほとんどありません。新規事項にビクビクしながら、請求項を微修正することができるだけです。
PCT出願時に依頼を頂ければその時点で明細書をレビューし、必要な修正を施した上でPCT出願を行います。自分の問題は気が付きにくいですが、他人が作った問題は、気づきやすいものです。例えば、他の事務所で作った明細書を弊所でレビューしてPCT出願をすれば、2人の弁理士が明細書を作り上げることになりますので、品質のいいものが出来上がる可能性が高まります。
PCT出願の問題は、10カ国に移行すれば、10倍に膨れ上がりますので、PCT出願を適切な形で行うことが費用節減上、極めて有効です。
弊所のPCT出願手数料は、弊所が基礎案件で大幅な修正がない場合は非常に安価にしており、他所出願でレビューを行った場合も十分にリーズナブルな料金だと思います。