ブログ

【社会貢献活動】インフレに苦しむ世界経済を救うためFAANG2.0産業(資源・エネルギー・食糧分野の産業)の知財戦略の支援をはじめました。

2022.08.19

SKIP

SKIPでは、国連の提唱するSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))の中でも、2つめの項目である「飢餓をゼロに」、7つめの項目である「エネルギーをみんなに」を経営上の目標に掲げています。

そして、SKIPでは、コロナショック+ウクライナショックの影響で世界的な食料・エネルギー・資源のインフレが進む現代社会において、飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、だれもが、安い値段で、安定的で現代的なエネルギーを使えるようにするためには、これまで古くて重い産業としてあまり注目を集めてこなかったFAANG2.0産業(資源・エネルギー・食糧分野の産業)の起業家+研究者の果たす役割が非常に大きいと考えています。

ここで、旧FAANGとは、

Facebook(フェイスブック)
Amazon(アマゾン)
Apple(アップル)
Netflix(ネットフリックス)
Google(グーグル)

のIT系5社のことを意味しており、まさにシリコンバレーを代表するIT産業の雄として、これまで世界経済を牽引してこられた偉大な企業のことを意味しています。

一方、FAANG2.0(新FAANG)とは、

Fuels(燃料)
Aerospace and defense(航空・防衛)
Agriculture(農業)
Nuclear and renewables(原子力と再生可能エネルギー)
Gold, metals, minerals(金・金属・鉱物)

の5分野の産業を意味しています。

最近のコロナショック+ウクライナショックの影響で世界経済が激変して、世界的な食料・エネルギー・資源のインフレが進んで、世界中のみなさんが生活苦にあえぐ状況になりつつあります。そのため、これまであまり重視されてこなかった、これらの古くて重い産業の重要性が極めて高まりつつあり、これらの産業の供給力を高めることが、人類社会の喫緊の課題となっていることは明らかです。

そこで、この度、SKIPは、インフレに苦しむ世界経済を救うためFAANG2.0産業(資源・エネルギー・食糧分野の産業)の起業家+研究者を支援させていただくことにしました。具体的には、奥野弁理士をはじめとしたSKIPの化学・バイオ・材料系の弁理士・特許技術者の方で、FAANG2.0産業(資源・エネルギー・食糧分野の産業)の起業家+研究者のお持ちの技術シーズを実用化するための知財戦略の立案をサポートさせていただくことになります。

その第一弾として、まずは、これまでにない全く新しい革命的な化学プロセスの開発に成功された、一流大学発の化学系スタートアップの知財戦略を支援させて頂くプロジェクトが進行中です。もう少し具体化したら、こちらでお知らせさせていただきますので、楽しみにお待ち下さい。

ここで、ちょびっと広告をさせていただくと、SKIPには、多くの優秀な資源・エネルギー・食糧分野の弁理士・特許技術者が在籍しておりますので、多くの大学+公的研究機関+バイオベンチャー+自然エネルギーベンチャー+食品メーカー+化学メーカー+材料メーカー+金属メーカーなどの知財戦略の立案や特許ポートフォリオの構築を微力ながら支援させていただいていると自負しております。というわけで、資源・エネルギー・食糧分野の研究者や起業家の皆様におかれましては、新しい研究成果を生み出されたり、新しい製品の開発に成功された際には、ぜひ、SKIPの資源・エネルギー・食糧分野の弁理士や特許技術者に気軽にご相談をいただき、一緒にSKIPしていただければ嬉しく思います。

また、SKIPでは、資源・エネルギー・食糧分野の理系修士+理系博士を積極採用しております。弁理士+特許技術者は、資源・エネルギー・食糧分野の元研究者+元エンジニアが自分の専門スキルを生かして、農場や工場や研究所などの設備に縛られることなく、自由にマイペースで活躍しやすい職業のひとつだと思います。つきましては、資源・エネルギー・食糧分野の元研究者+元エンジニアの皆様におかれましては、是非、SKIPの求人にご応募をいただければ嬉しく思います!