ブログ

SKIPの商標登録出願サービスが進化しました(ロゴあーるであなたの商品のロゴに®をつけてAmazonや税関で保護します)。

2021.12.16

SKIP

SKIPといえば、外国特許出願が得意なことで有名?ですが・・・
実は、最近、どんどん商標登録出願の依頼も増えていたりします。

SKIPでは、これまでも特許出願をご依頼いただいているお客様に、あわせて商標登録出願のサービスも提供していました。

すると、どこから口コミを聞きつけてきたのか?多くの日本国内や欧米中韓台などの企業から、是非、SKIPの商標特出願のサービスを受けたいとのお申込みを続々といただき、どんどん商標登録出願の仕事が増えています。一体、何が起こったんや???という感じなのですが、最近は、単なる商標登録出願だけでなく、取消審判や無効審判などのご依頼も多くいただいております。

ええ?僕たち、いわゆる商標専門の事務所じゃないですし、商標登録出願費用が5万円/1区分(追加区分については1万円/区分)とか高くないですか?大丈夫ですか?無理にSKIPを使っていただかなくても、激安の返金保証とかも付いてるような商標専門の事務所とか、セルフサービスでオンラインで商標登録出願できるようなクラウドサービスもありますよと申し上げても、【いや、このサービスでこの料金は安い!めちゃくちゃお買い得や!】ということでお申し込みを頂いております。

どうやら、SKIPでは、クライアントのビジネスモデルをヒアリングして、適切な指定商品・役務まで提案して、識別力や先行登録商標の有無まで検討した上で、出願をさせていただいているのが受けているようですね。。。必要なら、クライアントの社内の新商品のネーミングを考える会議に同席して、クライアントの横で商標データベースを叩いていたりしますしね。。。確かに、商標登録出願費用が5万円/1区分(追加区分については1万円/区分)でそこまでやっているのは、過剰サービスなのかもしれないですね(オマイラ、やりすぎや!と弁理士会に怒られないか、心配です・・・)。

実は、SKIPでは、有名なD2Cブランド育成企業のデジサーチが運営しておられるD2Cアクセラレータの知財戦略のサポートのお仕事もさせて頂くなかで、このような商標ブランド戦略に基づいた商標登録出願サービスの能力を磨いてきた歴史があります。それが、今頃になって花開いてきてるんでしょうかね???

デジサーチアンドアドバタイジング

D2Cアクセラレータープログラム

ここまで、どっぷりと、D2CまたはECビジネスの中の人になって、商標ブランド戦略の立案経験のある特許事務所も珍しいでしょうからね。。。

そこで、SKIPでは、このたび、商標登録出願サービスをさらに進化させて、【電子商取引プラットフォーム対応】+【税関での水際措置対応】のサービスを追加しました。
新サービス名は、【ロゴR(ロゴあーる)】と名付けました。
あなたの商品のロゴに®をつけて守ってさしあげます・・・というわけですね。
なお、オヤジギャクとか言わないでくださいね。。。商標の仕事をしていると、どんどんダジャレが増えてくるという職業病にかかっているだけなのです。。。

このうち、【電子商取引プラットフォーム対応】については、これまでも、D2CまたはECビジネスを行っておられるクライアント向けに裏メニューとして、日本のアマゾンや楽天(あるいは、海外のEbayやAlibaba)などに対応するために行っておりましたので、既にかなりの経験とノウハウを蓄積していると思います。

例えば、日本や海外のアマゾンでD2CまたはECビジネスを行っておられるクライアントの登録商標について、よくこのようなメールが代理人であるSKIPに届くことがあります。
*******************************************************************************
Hello from Amazon Brand Registry Support,

You are listed as the contact for the registered trademark for XXXXXX.

Please confirm the information below to validate the identity of the individual seeking to enroll XXXXXX in Amazon Brand Registry, who provided the following details:

Trademark Registration Number: XXXXXX Trademark Registration Office: JPO

We are unable to give you the applicant’s name, but we asked them to contact you. To give the applicant approval to enroll XXXXXX in Brand Registry, provide them with the verification code listed below. If you do not want to grant access, do not provide the code. After the brand is enrolled with the correct Rights Owner, they can enroll additional users with limited or customized roles.

Verification code: XXXXXX

Brand Registry helps Rights Owners protect registered trademarks on Amazon and create a more accurate and trusted experience for customers. As the gatekeeper for XXXXXX, your role is very important. Enrollment in Brand Registry gives Rights Owners access to powerful tools including proprietary text and image search in addition to increased authority over product listings that have your brand name. For more details, see https://brandservices.amazon.com/.

Regards,
Amazon Brand Registry
*******************************************************************************
このような場合、SKIPでは、もちろん、すぐにクライアントにVerification Codeをお送りして、アマゾンでの真正の商標権者としての登録手続きを行ってもらっています。
こういうアマゾンなどのプラットフォーム対応のアフターサービスなんかも無料で行っているのが好印象なようです。

もちろん、クライアントの登録商標にそっくりの偽物ブランドがアマゾンで販売されていたりすれば、アマゾンに通知して販売を中止してもらうこともあります。逆に、ライバル企業から言いがかりのような形の通知をアマゾンにされて、アマゾンに間違って販売停止を食らってしまったクライアントを助けるために動くこともありますしね。このあたりは、アマゾン、楽天、Ebay、Alibabaなどのプラットフォームごとに運用が違うので、なかなか難しいところもありますので、経験を積んでノウハウを蓄積するようにしております。

さらに、2022年からは、上記の【電子商取引プラットフォーム対応】のサービスに加えて、ついに、待望の【税関での水際措置対応】のサービスも開始しますよ!乞うご期待!
こちらの水際措置については、実は、まだそんなに豊富な経験を有しているわけではないのですが、2022年から、かなりのノウハウを蓄積できる状況になりそうなので、そのノウハウをクライアントの皆様に還元させていただこうということで、メニューに追加させていただくことにいたしました(そんな、大見栄切って大丈夫か・・・汗)。

てなわけで、商標登録出願についても、どうぞ、気軽にSKIPにご相談を!

アーカイブ