ブログ

リモートワーク(テレワーク)のためにGWを利用して所内ネットワーク+ファイルサーバを新しくリプレースしました。

2020.05.07

SKIP

SKIPでは、コロナショックに伴う東京のロックダウンの延長に対応して、所員全員が在宅のリモートワーク(テレワーク)での生産性を向上することができるように、GWを利用して所内ネットワーク+ファイルサーバを下記のとおり新しくリプレースしました。

・LANケーブルを10GB対応に交換
・スイッチングハブを10GB対応に交換
・ファイルサーバを最新式の4TBの大容量のものに交換
・ファイルサーバをRAID1(ミラーリング)に設定して、さらに障害時にバックアップ機に自動切り替えができるように冗長化
・UPS(無停電電源装置)を最新式の大容量のものに交換

下記のデータは所内のネットワークを10G化した際の実験結果です。

10G化で読み出し(リード)は、速くなります。
事務所内であれば、1Gでも速いので、10Gにしても体感的に速い感じはしません(高負荷時に実験すれば速さを体感できるかもしれませんが)。
さらに、現在取り組んでいるインターネット側の通信速度の1GBベストエフォート→2GBベストエフォート(10MB帯域保証)への向上がうまくいけば、VPNを介したファイルサーバーへのアクセスが改善されると考えています。