ブログ

USPTOの登録料減額(2014/1/1支払い分から)

2013.11.13

SKIP

米国の登録時に支払う費用が約2000ドルから約1000ドルに減額されます。2014/1/1以降に支払う分から適用されます。
この日よりも前にNotice of Allowanceが発行された案件にも適用されます。
減額された費用で支払いたい場合には、2014/1/1以降に支払いを行えばいいのですが、支払いを遅らせるとその分だけ、特許の発行が遅れます。ファミリーがない場合は問題ないですが、ファミリーで拒絶理由が発行されるとIDSで提出する必要がありますので、登録料の支払いを遅らせるべきかどうかは、悩ましいところです。
日経BP知財Awareness -USPTOの庁費用の値下げと米国政府機関閉鎖の状況-