ブログ

2020年度のSKIP史上最高決算+期限管理ゼロ災の御礼

2020.12.29

SKIP

2020年は、まさかのコロナショックで日本中+世界中が大変な1年でしたね。SKIPも、やはりコロナショックへの対応でテンヤワンヤの年でした。

こんなとき、医療関係者やエッセンシャルワーカーの皆様であれば、世のため人のためになにかできるのでしょうが・・・SKIPは、所詮は特許事務所に過ぎず、災害時にはぶっちゃけなんの役にも立たないのが悲しい限りでした。

しょうがないので、SKIPにできることは、クライアントの大切な知的財産権を守ることしかないというわけで、ドタバタでコロナショックへの対応のためにリモートワークの体制を整えて、コロナショックの間も一切業務をとめずに稼働率100%を維持するように努力をいたしました。そのおかげで、ありがたいことに、クライアントの信頼を得たのか、地獄に仏とはこのことでしょうか???コロナショックになってから逆に機械・電気・制御・IT・ソフト・通信および化学・バイオ・材料などの国内クライアントからの新規の国内特許出願の依頼がドドドッと激増したのは、正直驚きでした(さすがに、こんなご時世ですので喜ぶわけにはいきませんが・・・)。

また、過去の国内特許出願に基づく外国特許出願も、コロナショックで知財予算が減らされたクライアントから、SKIPの外国特許出願は安くていいね!おかげで、コロナショックにも関わらず、海外の特許ポートフォリオを縮小せずに済むよ・・・と好評を博して、やはりジャンジャカジャン!と激増いたしました(SKIPは、いつも景気が悪くなると業績が良くなり、景気が良くなると業績がイマイチ横ばいな感じになるのですが・・・いつものジンクス通りになったのは悲しいような嬉しいような・・・ちゃんと、好景気でも好調を維持できるように体質を改善しないといけませんね・・・)。

また、リモートワークで一番の心配事項であった期限管理についても、弊所の事務スタッフの尽力により、ゼロ災(無事故)で乗り切ることができました。若干のヒヤリハットはありましたが、おかげさまでリモートワークに特有の問題点が洗い出せましたので、所内のワークフローを改善して対策を打たせていただきました。この調子で、来年度以降も期限管理ゼロ災を継続していきたいと考えています。

そして、おかげさまで、2020年のSKIPの業績は、コロナショックにも関わらず、クライアント企業のご愛顧および所員一同の努力により、上半期から下半期にかけてどんどん尻上がりに良くなり続けて、売上および利益ともに予想を遥かに上回る過去最高決算となりました。この御恩は、きちんと納税義務を果たすことによってお国に対して税収の形で返させていただき、お国の支援を通じて医療関係者やエッセンシャルワーカーの皆様の活動に使っていただければと考えております。

なお、SKIPでは、2021年の春から夏ごろにかけて、コロナショックの第三波が収まって参りましたら、再び弁理士・特許技術者の求人募集をする計画をたてておりますので、その際には、腕に覚えのある弁理士・特許技術者の皆様からの多くのご応募をお待ちしております。

また、コロナショックのおかげで、かなり渋谷区内のオフィスビルの空室率も上昇してきて、オフィス賃料も安くなってきたので、2021年秋以降にコロナショックが完全に収まったあたりで、もっと渋谷駅の近くのリモートワークに適したオフィス(オフィスは交流スペース+会議室+サーバルームとして活用予定)に移転を計画しています。その後は、さらにリモートワークが快適になる予定ですので、日本全国+海外の皆様も、引っ越しせずにご自宅からリモートワークいただけますので、是非、新しいオフィスへの移転が一段落しましたら、求人にご応募くださいね。

というわけで、来年も、なんとかコロナショックの第三波を乗り越えて、日本の知財の創造と未来の革新のために、所員一同、SKIP!させていただきます。

アーカイブ