ブログ

米国での補正書の書き方のフォーマット

2010.11.23

SKIP

714 Amendments, Applicant’s Action [R-6]
C. Amendments to the Claims

1.クレームの番号
日本では、請求項を削った場合は、削った請求項よりも後の請求項の番号は、繰り上がります。
米国では、請求項の番号は、繰り上がりません。
2.識別子
米国では、 (original), (currently amended), (previously presented), (canceled), (withdrawn), (new), or (not entered)という識別子を付けることになっています。
(original) 補正を行ったことがないクレーム
(currently amended) 今回補正を行ったクレーム
(previously presented) 以前に補正を行ったが今回は補正を行っていないクレーム
(canceled) 削除されたクレーム
(withdrawn) 限定要求に対する応答で選択されなかったクレーム
(new) 新たなに追加されたクレーム
(not entered) Final OA時などに提示したが、却下されたクレーム
3.変更点の表示
・追加事項には下線部を引く。削除事項には、取り消し線を引く。
・5文字以内の削除の場合は、ダブルブラケットで囲んでもよい(例:[[abc]])。
・取り消し線が見えにくい場合は、ダブルブラケットの使用が必須(例:4←取り消し線を引いているが分かりにくい。この場合、[[4]]にする。)
Example of listing of claims:
Claims 1-5 (canceled)
Claim 6 (withdrawn): A process for molding a bucket.
Claim 7 (previously presented): A bucket with a handle.
Claim 8 (currently amended): A bucket with a green blue handle.
Claim 9 (withdrawn): The process for molding a bucket of claim 6 using molten plastic material.
Claim 10 (original): The bucket of claim 8 with a wooden handle.
Claim 11 (canceled)
Claim 12 (previously presented): A bucket having a circumferential upper lip.
Claim 13 (not entered)
Claim 14 (new): A bucket with plastic sides and bottom.