ブログ

UAE(アラブ首長国連邦)への出願(POA、譲渡証、登記簿謄本の認証に多額の費用がかかる)

2011.02.22

SKIP

UAE(アラブ首長国連邦)へ出願する場合、POA、譲渡証、登記簿謄本について、UAE領事館による認証が必要です。
UAE領事館による認証費用は、書類一つにつき、12万円かかるようです。
さらに、UAE領事館による認証を受けるためには、法務局・公証人・外務省の三カ所から事前に認証を受けておく必要があります。これらの認証を得るための費用は調べていませんが、安くはないでしょう。
この手続きを特許事務所に依頼すると、当然に、特許事務所費用が必要になります。
こんなちょっとした書類なのに、数十万円もの費用が必要になってしまいます。
いい資料を見つけました。このPDFファイルのp30に上記のことが記載されています。
模倣対策マニュアル 中東編(ジェトロ)
上記資料のp20からの抜粋ですが、UAEでは、年間出願件数が1200件しかないようです。
「UAE 産業財産権部は、現在、年間におよそ 1,200 件の出願を処理しているものの、これまでに特許が付与された出願は、ごく少数にとどまる。現時点において、医薬特許出願が優先的に処理されており、医薬特許出願の未処理残が解消され次第、すべての出願の審査が時系列順に再開される。」
アラブ首長国連邦 Hoda T Barakat氏の記事も面白いです。
Q14 認証費用がとても高いですが特に理由はありますか。また、今後費用が安くなることはありませんか 
「認証費用が高いのは、外国からの公式な書類への領事認証要求を廃止したハーグ条約にUAEが加盟していないためです。ですから、有効な書類にするためには各国のUAE大使館で領事認証を行う必要があります。将来的に投資や貿易が増えることで領事認証や公証人認証に関する新しい法律が議論されるようになるかもしれません。」