ブログ

奥野弁理士が、登壇予定のゲノム編集の基礎と高機能化、食品応用、規制、特許、CRISPR-Cas9【Live配信・WEBセミナー】が2021年10月26日(火)に延期になりました。

2021.07.26

奥野 彰彦

奥野弁理士が、登壇予定のゲノム編集の基礎と高機能化、食品応用、規制、特許、CRISPR-Cas9【Live配信・WEBセミナー】が2021年10月26日(火)に延期になっちゃいました。。。緊急事態宣言の延長のせいでしょうかね?お申し込みいただいた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。。。

★ゲノム編集技術の第一人者・山本卓先生(広島大学)が基調講演を予定。
★DNAのハサミ【CRISPR-Cas9】によって社会・産業界はどう変わるのか?
★ゲノム編集によって付与された食品の高機能化(耐病虫性・環境ストレス耐性等)とは?
★ゲノム編集食品の特許出願動向とは?産業化する上で参入障壁となる法規制とは?

2021年10月26日(火) 11:00-16:50

第1部:広島大学大学院統合生命科学研究科 教授 理学博士 山本 卓 氏
   (広島大学ゲノム編集イノベーションセンター センター長)

第2部:東京工業大学 生命理工学院 教授 博士(農学) 刑部 祐里子 氏

第3部:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 企画戦略本部 
新技術対策室 生物機能利用研究部門 遺伝子利用基盤研究領域 組換え作物技術開発研究ユニット 高原 学 氏

第4部:SK特許業務法人 代表所員 奥野 彰彦 氏

奥野弁理士が登壇するのは、下記のプログラムです。

第4部 ゲノム編集食品の特許出願動向
【15:40-16:50】

【講演主旨】
本講座は、ゲノム編集食品の知財戦略について、ゲノム編集食品に対する古い不合理な規制の撤廃、食品メーカー+ゲノム編集ベンチャーの参入、2020年のノーベル賞受賞の影響、マーケットの未来などに言及しつつ解説いたします。

【プログラム】
1.世界的に激増するゲノム編集技術の特許出願~乱世の英雄よ まさに立つべし~
 1-1 ノーベル賞受賞の衝撃
 1-2 日本+米国+欧州+中国の各地域の動向
 1-3 医療、農業+食品、基礎研究の各分野の動向

2.ゲノム編集特許の三国鼎立時代の始まりか? 
 2-1 天下を取るのはどこか?ブロード研(魏)+UCバークレー(呉)+その他新興勢力(蜀)
 2-2 ブロード研陣営の特許ポートフォリオ
 2-3 UCバークレー陣営の特許ポートフォリオ
 2-4 その他陣営の特許ポートフォリオ
 2-5 ゲノム編集特許の赤壁の戦い(ブロード研 VS  UCバークレー)

3.各陣営によってライセンスポリシーが違う~天地人 自社に有利な場所で戦うべし~
 3-1 医療、農業+食品、基礎研究の各分野での違い
 3-2 ブロード研陣営のライセンスポリシー
 3-3 UCバークレー陣営のライセンスポリシー
 3-4 その他陣営のライセンスポリシー

4.大手食品メーカー+ゲノム編集ベンチャーの取るべき知財戦略~孫子の兵法に学べ~
 4-1 どのような特許ポートフォリオを構築すべきか?
 4-2 どの国で権利化すべきか?
 4-3 農業+食品、基礎研究に対するライセンスポリシーの緩さの有効活用
 4-4 どの陣営からライセンスを受けるべきか?

5.事業戦略+研究開発戦略+知財戦略の三位一体 ~戦略の階層構造を意識すべき~
 5-1 事業戦略=大戦略 狙うべき市場は?どうやって儲けるか?
 5-2 研究開発戦略=戦略 合縦(オープンイノベーション)の策か?連衡(自社開発)の策か? 
 5-3 知財戦略=戦術 ライセンスインか?特許回避技術の開発か?
 5-4 大手食品メーカー 
    ミート戦略=直接アプローチ戦略(クラウゼヴィッツ)を採用すべき
 5-5 ゲノム編集ベンチャー
    ゲリラ戦略=間接アプローチ戦略(リデル・ハート)を採用すべき
 5-4 裏技
    特許ポートフォリオに穴が空いている国+地域の利用

まとめ 
【質疑応答】

アーカイブ