ブログ

アメリカ補正書 アンダーラインストライクスルーダブルブラケット

2019.04.15

A. K.

ブログのタイトルを1行におさめようとしたら、文字化けみたいになってしまいました。
アメリカ特許商標庁に提出する補正書についてのメモです。

アメリカでは、補正箇所を以下のように表示します。

1.追加
追加する箇所には、下線(underlining)を引きます。

2.削除
削除する箇所には、取り消し線(strike-through)を引きます。
ただし、削除する箇所が5文字以下の場合は、ダブルブラケット(double brackets)で囲むことにより、削除箇所を表示します。

例えば「a device」を「the device」に補正する場合、以下のような記載方法が可能です。

記載例1では、キリの良い単語をまとめて、下線、取り消し線で表示しています。
記載例2では、補正する箇所(a)のみをダブルブラケットで削除した上、追加した箇所(the)を下線で表示しています。

どちらの記載方法でも問題ありませんので、好みによって見やすい方(審査官に見落とされにくい方)を選ぶと良いと思います。
ただし、日本特許庁へ提出する補正書のように「削除箇所の文字を削除する」という記載をすると、アメリカ代理人も審査官も削除した箇所を見落とす恐れがありますので、このような削除方法は避けます。

MPEP 714
http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/s714.html

(2) When claim text with markings is required. All claims being currently amended in an amendment paper shall be presented in the claim listing, indicate a status of “currently amended,” and be submitted with markings to indicate the changes that have been made relative to the immediate prior version of the claims.

The text of any added subject matter must be shown by underlining the added text.

The text of any deleted matter must be shown by strike-through except that double brackets placed before and after the deleted characters may be used to show deletion of five or fewer consecutive characters.

The text of any deleted subject matter must be shown by being placed within double brackets if strike-through cannot be easily perceived. Only claims having the status of “currently amended,” or “withdrawn” if also being amended, shall include markings. If a withdrawn claim is currently amended, its status in the claim listing may be identified as “withdrawn- currently amended.”