ブログ

アメリカ 『宣言書』の対象となる出願を特定する方法

2018.11.01

SKIP

アメリカでの必須書類である宣言書(Declaration)に関する豆知識です。

提出する宣言書が、どの出願に対するものであるかを特定するための要件が、MPEP(特許審査便覧)に規定されています。

出願と同時に宣言書を提出する場合、以下の(A)~(C)のいずれかを満たせば、最低限、出願を特定するものとして受理されます。(原文は下記引用参照)
(A) 発明者名及び添付された明細書を参照しているか、または宣言書に署名、提出するときに出願が添付されている
(B) 発明者名及び提出する明細書に記載された代理人案件番号(attorney docket number)
(C) 発明者名及び提出する明細書に記載された「発明の名称」

出願日よりあとに宣言書を提出する場合、以下の(A)~(G)のいずれかを満たせば、最低限、出願を特定するものとして受理されます。
(A) 出願番号
(B) シリアル番号と出願日
(C) 国際出願番号
(D) 国際意匠出願の登録番号
(E) 提出された明細書に記載された代理人案件番号
(F) 「発明の名称」が明細書に記載され、宣言書に署名、提出するときに出願が添付されている
(G) 「発明の名称」が明細書に記載され、カバーレターにより出願番号等が特定されている

by kh

引用 


602.08(c) Identification of Application [R-07.2015]
37 CFR 1.63 requires that an oath or declaration identify the application (e.g., specification and drawings) to which it is directed.

The following combination of information supplied in an oath or declaration filed on the application filing date with a specification are acceptable as minimums for identifying the application and compliance with any one of the items below will be accepted as complying with the identification requirement of 37 CFR 1.63:

(A) name of inventor(s), and reference to an attached specification or application which is both attached to the oath or declaration at the time of execution and submitted with the oath or declaration on filing;
(B) name of inventor(s), and attorney docket number which was on the specification as filed; or
(C) name of inventor(s), and title of the invention which was on the specification as filed.