ブログ

韓国では、プロダクト・バイ・プロセスクレームは「物同一性」を採用

2015.10.17

SKIP

以下のように、日・米・韓では、プロダクト・バイ・プロセスクレームの扱いが異なります。
韓国が最も権利者側に有利な判断になっています。
日米の判断だと、プロダクト・バイ・プロセスクレームを作成する意味はないですが、
韓国への移行を考えると、PCT出願ではプロダクト・バイ・プロセスクレームを作成してもいいかも。
米国:製法限定
米国ではProduct-by-Processクレームは特許になりにくく権利行使しにくい
日本:物同一説(但し、原則、不明確)
釈然としない最高裁判決(プロダクト・バイ・プロセスクレームの解釈)
韓国:物同一説
知財管理 Vol. 65 No. 10 2015のp1405~に詳細な解説