ブログ

【起業ピッチ】奥野弁理士が、東京大学AI経営寄付講座サマーブートキャンプの最終日のピッチにコミュニティリーダーという謎役職として参加してきました。

2022.09.14

奥野 彰彦

奥野弁理士が、2022年09月14日(水)にPWCから呼び出されて、下記の東京大学AI経営寄付講座サマーブートキャンプの最終日のピッチに参加してきました。実は、小生、東大AI経営寄付講座のコミュニティリーダとかいう謎の役職を任命されておりますので、たまにPWCに呼び出されます。

東京大学AI経営寄付講座サマーブートキャンプ

東京大学松尾研究室

PWC

東京大学の松尾先生+PWCの馬渕さんなどの錚々たる御歴々と一緒にピッチを見ていましたが、どのチームも素晴らしいピッチ内容でした。

最後に、東京大学の松尾先生+PWCの馬渕さんのお二人が、ときには厳しくときには優しくツッコミを入れながら審査をして、ピッチの結果から優秀チームを複数選出し、優秀賞を付与されました。しかし、不思議なことに審査で厳しいツッコミを受けたチームほど審査結果が良かったのが面白かったですね。松尾先生って、けっこうツンデレなんですね。

ちなみに、その後の懇談会では、参加チームのみなさんが次々に奥野のところにこられて、腹ペコ状態で差し入れのオニギリを食べながら、かなりの質問攻めにあって、東大の起業家志望の学生さんたちの知識欲に驚きました。なんか、2時間くらい質問攻めにあっていたような気がします。

また、ピッチで好成績を残したチームが、東大FoundXや東大IPCや東大エッジキャピタルに興味があるというので、東大FoundXに応募することをオススメしておきました。

東大FoundX

松尾先生が、今すぐに起業しなさい!と太鼓判を押したチームですので、東大FoundXに採択されるといいなと思います。すると、実は、奥野が東大FoundXで知的財産戦略のサポーターをしているので、またお会いすることになっちゃうのですが。。。

なお、奥野の方で、PWCの入居しているビルが複数あってどのビルでピッチが行われているのかわからなくなり、迷子になってしまったのは、恥ずかしいので秘密です。いやー。それにしても、今回のピッチはレベルも高くてとても楽しかったです。