所員紹介

弁理士
代表社員

奥野 彰彦

Akihiko OKUNO

学歴 京都大学 農学部 農芸化学科 生化学専攻 学士
(現 物質-細胞統合システム拠点 生理化学研究ユニット 細胞生化学分野)

東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 細胞構造研究分野 修士
(現 定量生命科学研究所 膜蛋白質解析研究分野)
資格 日本弁理士(特定侵害訴訟代理可)
農学修士
情報セキュリティアドミニストレータ(旧:情報処理技術者一種)
JPAA知財経営コンサルタント認定
TOEIC 890
英検準1級
HSK4級(中国語検定、TOEIC650~800相当)
空手道 松濤館流 初段(黒帯)全日本空手道連盟 一級(茶帯)
使用可能言語 日本語、英語、 中国語
取扱分野 バイオ、医薬、医療機器、食品、化粧品、化学、高分子、材料、金属、半導体、
ソフトウェア、バイオインフォマティクス、知財経営コンサルティング(知的財産戦略)、知財価値評価、M&Aの際の知財Due diligence
公的活動 日本弁理士会バイオ・ライフサイエンス委員会(2004, 2010)
農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 顧問(知的財産戦略)(2004-2005)
日本弁理士会ADR推進機構(2005)
神奈川大学 知的財産権法入門 非常勤講師(2005-2007)
日本弁理士会ソフトウェア委員会(2006, 2012)
日本弁理士会農林水産知的財産対応委員会(2008~2009)
情報通信研究機構(NICT)産学連携部門 ライセンス交渉担当(2008-2009)
日本弁理士会関東支部 副支部長 (2010)
京都学園大学 大学院環境バイオ研究科 知的財産特論 非常勤講師(2010、2012)
鳥取大学大学院工学系研究科 知財戦略講義 非常勤講師(2011)
東京工業大学大学院イノベーションマネージメント研究科
「ぐるなび」食の未来創成寄附講座 非常勤講師 (2011)
農林水産省 産学連携コーディネータ(知的財産戦略)(2012-2021)
日本弁理士会 知財訴訟委員会(2015-2017) 副委員長(2017)
鳥取大学大学院医学系研究科革新的未来医療創造コース知財戦略講義 非常勤講師(2016-2017)
日本知的財産仲裁センター 調停人・仲裁人・判定人・事業貢献度評価人候補者(2016-2022)
農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 アドバイザリーボード(2016-2017)
知財高裁 専門委員(2016-2017)
知的財産価値評価推進センター 評価人候補者(2017-2018)
日本弁理士会 役員(常議員) (2018-2019)
日本弁理士会 特許委員会(2018)
日本弁理士会 企業知財戦略検討委員会(2018)
特許庁知財アクセラレーションプログラム登録専門家(2018-2021)
東京大学 産学協創推進本部 FoundX サポーター(知的財産戦略)(2019-2021)
Google for Startups Campus (Tokyo) メンバー(2020-2021)
鳥取大学大学院医学系研究科知財戦略特論II 非常勤講師 (2020-2021)
株式会社セラリカ野田 顧問(知的財産戦略) (2020-2021)
株式会社セツロテック 顧問(知的財産戦略) (2020-2021)
株式会社AndTech 顧問(知的財産戦略) (2021)
株式会社ジーピーシー研究所 顧問(知的財産戦略) (2021)
株式会社イムノセンス 顧問(知的財産戦略) (2021)
Femtech Japan Project Femtech Community メンバー (2021)
神山まるごと高専(仮称)先輩コミュニティ メンバー (2021)
デジサーチ D2Cアクセラレータープログラム サポーター(知的財産戦略)(2021)
ロシア政府 SK財団(Skolkovo Foundation)アクセラレータープログラム サポーター(知的財産戦略) "SK Global Camp Supporter"  (IP Strategy Supporter in Japan) (2021)
JST(国立研究開発法人科学技術振興機構) SCORE大学推進型(拠点都市環境整備型)GAP NEXTプログラム外部アドバイザー(九州大学発IT×半導体×バイオ関連のディープテック系スタートアップのプレCXOに就任)(2021)
厚生労働省 医療系ベンチャー・トータルサポート事業(MEDISO)サポーター(知的財産戦略)(2021)
職歴 サントリー株式会社 (1999-2001)
深見特許事務所 (2001-2003)
プライムワークス国際特許事務所 (2003-2005)
大野総合法律事務所 (2005-2006)
園田小林特許事務所 (2006-2008)
SK特許業務法人の前身となる特許事務所を設立 (2008.10.08)
SK特許業務法人に改組(2009.11.04)
研修 GORODISSKY&PARTNERSにてロシア連邦の知的財産実務研修修了
上海専利商標法律事務所にて中華人民共和国の知的財産実務研修修了
知的財産研究所 IIP知財塾 第一期生修了(指導教官:竹田稔 元東京高裁 知的財産部 総括判事)
東京大学 産学共創推進本部 FoundX Startup School修了(指導教官:長谷川克也 教授)
University of Pennsylvania Law School 知的財産権法コース(知財概論、特許法、商標法、著作権法、ヘルスケア知財)修了
東京工業大学キャリアアップ MOT プログラム「2021年度標準化戦略実践コース」修了
臨済宗 鎌倉円覚寺居士林 Zoom座禅居士(道師:横田南嶺管長)
受賞 全日本新人選手権 10位入賞(日本ボート協会 京都大学端艇部 新人選8+)
日本弁理士会 感謝状
日本弁理士会 特別表彰
東大FoundX Startup School+東大IPCの起業支援先に採択(成績上位10名に資金付与)
著作 等 抗体医薬品の研究 開発ノウハウ集2008(共著)2008
体外診断用医薬品の開発 と承認申請(共著) 2010
バイオシミラーの開発・承認・販売 支援マニュアル(共著)2011
バイオ・ゲノム関連医薬品の研究・開発・製造ノウハウ全集(共著)2011
各種外科用製品・バイオマテリアルの開発と製造販売承認申請(共著)2011
先端医療に関する医療ニーズ/製品開発戦略と臨床で使わなくなる(であろう)薬剤・製品 予測(共著)2012
「次世代に向けた抗体医薬品開発の技術と展望」
( 共著、監修:熊谷泉(東北大学 大学院工学研究科 教授) )2012
論文 等 「ビジネス関連特許の審査対応手法に関する一考察」
日本弁理士会パテント誌(共著)2007年10月号

「知っておき たいソフトウェア特許関連判決任天堂ゲームボーイアドバンス事件」
日本弁理士会パテント誌(共著)2008年3月号

「普及組織における知的財産への取組のあり方」
社団法人全国農 業改良普及支援協会2008年3月

「ビジネスモデル特 許・バイオインフォマティクス特許の共通点・相違点」
日本知的財産協会 知財管理 2008年

「農林水産分野における地域限定型オープンイノベーション戦略の提案」
日本弁理士会パテント誌2008年9月号

「ワクチンに関する 特許出願の留意点」
月刊「PHARMSTAGE」2009年1月号

「香粧品開発に役立 つ特許の知識」
月刊「COSMETICSTAGE」共著・連載 2011年2, 4, 8月号

「バイオ関連・医薬発明の特許性についての国際的 な比較に基づく問題点の調査・研究」
日本弁理士会パテント誌(共著)2011年9月号

「パテントマイニング(特許地雷)戦略の恐ろしい罠」一般社団法人日本能率協会 JMAマネジメント 2017年12月号

「今更聞けないシリーズ:No.170 米国バイパス出願」日本知的財産協会 知財管理(共著) Vol. 71 No.5 2021 P729-734
講演 等 「Relevance of Japanese Biotech Market to US Companies」 Conference on Breathing Additional Life into the Life Sciences, Nov. 4th 2011, Johns Hopkins University

「日本企业运用知识产权参与国际竞争的成功经验及对中国企业的启示」 佛山知识产权大讲堂, April 20th, 2012, 佛山科技局(佛山政府の依頼により日本代表として講演)

「STARATEGY FOR PROTECTING INTELLECTUAL PROPERTY RIGHTS (IPRS) RELATED TO INVENTION AND RESERACH RESULTS IN FISHERIES IN JAPAN」MARDI(Malaysia)18-19 October, 2016 国際会議(農林水産省の依頼により日本政府代表として講演)

「Fasten Your Seatbelts! Prosecuting Design Patents in a Fast-Changing World: When not to file a utility patent, balancing design patents and copyright on fast developing technologies in China, Europe and Japan」 AIPLA(American Intellectual Property Law Association 全米特許法律家協会) AIPLA 2020 Spring Meeting

「How to Successfully be granted Patents of Fc regions of Therapeutic Antibodies in Japan with Case Study of Chugai’s SMART-Ig Sweeping Antibody」フランス国立抗体医薬研究所(MABDESIGN)9th Antibody Industrial Symposium - AIS2021

「Patent Overview in Japan」ロシア政府のSK財団(Skolkovo Foundation)主催のSK Global Camp 2021にて、日本進出を狙うロシアのSkolkovo(ロシアのシリコンバレー)に入居するスタートアップの支援のために日本の特許制度について講演

企業知財部内のセミナー、各種自治体・公共団体・大学のセミナー、その他の民間団体の有料セミナーなど喜んで講師を受任させていただきます。お気軽にお申し付けください。

セミナーに関するお問い合わせ:Email: info@skiplaw.jp

お問い合わせはこちらにお願いいたします