採用情報

Column

4

理系博士を積極採用

理系博士を積極採用

SKIPは、理系博士のスキルチェンジを応援します。

アカデミックな研究職からスキルチェンジを目指す理系博士の皆さん、就職先の候補は研究機関や製造業だけでなく、ぜひ「特許事務所」という選択肢を加えてみてください。

SKIPには、博士課程を終了した後に、そのままSKIPへと就職した所員が多数在籍しています。もちろん全員が特許事務所での実務経験どころか、一般企業での社会人経験もありませんでしたが、数年後には事務所のエース級の弁理士、特許技術者として活躍しています。

博士課程から実務経験がなく特許業界に入る方には、特許法などの30分ほどのガイダンスを数週間にわたり受けていただきます。また、並行してメンターによる指導のもと実務を開始していただきます。
数週間して実務に慣れてくるころには、弁理士試験の勉強を開始するために予備校に通い出す方も多いです。コツコツと計画的にものごとを進めることになじんでいる理系博士の皆さんは、きっと数年後には弁理士試験に合格していることでしょう。そのころには明細書作成などの実務能力も飛躍的に向上し、弁理士として活躍の場は大きく広がっているはずです。

「特許事務所ってどういうところだろう?」と思ったら、まずは見学だけでもSKIPに遊びに来てください。専攻分野の近い先輩所員もいますので、具体的な将来のイメージがつかめると思います。