採用情報

Column

11

安心の教育制度

安心の教育制度

SKIPでは、教育担当の所員に具体的な報酬が反映される制度設計がなされています。

多くの特許事務所において、大手企業のような新入所員への教育プログラムは存在しません。そして、特許事務所にありがちな「新入所員が放置されて適切な教育を受けられない」や「面倒見のいい所員に教育の負担が偏る」いう問題がしばしば発生します。

また、中堅規模の特許事務所であるSKIPでは定期的な新卒採用を行っておらず、新入所員のバックグラウンドも、大卒の社会人未経験者から特許事務所ベテラン転職組まで様々です。そこで、SKIPでは、「他の所員に仕事を教えるという業務」が具体的に報酬に反映される制度設計により、新入所員への教育を推進する方法を採用しています。

具体的には、知財業界が未経験である新入所員に対しては、入所してからの一定期間、知財一般に関するガイダンスが行われます。この間、新入所員だけでなく、教育する側の所員にも、時間あたりの適正な報酬額が支給されます。

新入所員にある程度の知財業務経験がある場合は、入所したらすぐに案件に着手してもらい、売上に応じて報酬が発生します。ただし、その際には先輩所員の「メンター」が必ず設定されます。経験者といっても、所内システムの使い方や、事務所による作業フローの違いに、まずは慣れていただく必要があるためです。この場合、教育する側の所員には、売上の一定割合がメンター歩合として支払われます。

このような仕組みにより、SKIPでは、新入所員に適切な教育を受けていただくとともに、教育する側にも適正な報酬を支払い、継続的かつ計画的な所員教育を実現させています。