2018年度 通期の黒字化達成のお知らせ

2018年度 通期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、速報、累計):売上高 約2億8,000万円, 経常利益約2,200万円, 手元現預金 約9,621万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 計算中(不良債権比率 計算中)、CCC 約マイナス1月、自己資本比率 50%超)

下半期の事務開発ボーナスを支給(648万円)しました

2018年の下半期の売上は、一時期の人事の混乱で数ヶ月不調になったものの、その後のV字回復でそこそこ好調でした。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%+事務売上の20%+効率化達成ボーナスを事務開発部門のメンバーに還元するために、総額約648万円のクエスト達成報酬(下半期の事務開発ボーナス)を支給しました。

今年も、【稼げる★キラキラ★事務開発部門】を目指して、事務開発部門のメンバーが、国内・海外での特許の年金管理、商標の更新手続、特許・商標の譲渡手続、クライアントの会社名変更に伴う名義変更手続、IDS手続きなどを積極的に引き受けて、自前の売上を立ててくれましたので、自前の売上の20%を事務開発ボーナスに上乗せしています。また、今年の下半期も、VBA+SQLコーディングによる事務開発の結果、業務量が増えたにもかかわらず予定の週35時間を超えるオーバーワーキング時間を抑制してくれましたので、効率化達成ボーナスを加算しました。

今後も、事務開発部門のメンバーに多くの事務開発ボーナスを支給することができるように、さらに売上向上、コスト削減、不良債権の低減などの財務体質の改善、人事・労務管理のコンプライアンス強化に取り組んでまいります。

アメリカ連邦政府が閉鎖しましたが、アメリカ特許商標庁=USPTOは通常営業しています。

2018年12月22日午前0時からアメリカ連邦政府が閉鎖していますが、米国特許商標庁=USPTOは、あと数週間は資金が残っているので通常営業していますので、クライアントの皆様におかれましては、とりあえずご安心ください。

USPTO operating status during government shutdown
https://www.uspto.gov/uspto-operating-status

In the event that parts of the federal government experience a lapse of appropriated funding, the USPTO remains open for business as normal. This is possible because the agency has access to prior-year fee collections, which enables the USPTO to continue normal operations for a few weeks. Should the USPTO exhaust these funds before a partial government shutdown comes to an end, the agency would have to shut down at that time, although a small staff would continue to work to accept new applications and maintain IT infrastructure, among other functions.

なお、万が一、数週間以内に政府予算が通らなかったら、USPTOも閉鎖する予定です。ただし、新規の特許出願の受付は行われますので、クライアンとの皆様におかれましては、やはり安心してください。とはいえ、審査は止まるみたいです。。。

米政府一部閉鎖、職員80万人に影響 トランプ氏は長期化を警告
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000004-jij_afp-int&fbclid=IwAR1QiVRf9eSnyf3fAwbpkTDnqS-fWb2BvkA5wdhMtpK9H94bSwuvra6g7QE

米下院は21日、つなぎ予算案を可決することなく22日正午(日本時間23日午前2時)まで休会に入り、米政府の暫定予算が21日で期限切れとなることが確定した。一部の米政府機関は22日午前0時(日本時間同日午後2時)から閉鎖される。

New Year's Holiday 2018-2019 年末年始休業のお知らせ

Please be informed that our office will be closed from December 29, 2019 (Sat) to January 3, 2019 (Thu) for the New Year's Holiday.
The Japan Patent Office is also closed and any due dates set by the Patent Office and falling on this holidays will automatically be extended to January 4, 2019 (Fri).


弊所の年末年始の休業日は下記の通りです。
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

by kh

徳重大輔が東京ビッグサイトで開催される【第3回バイオ医薬EXPO】で知財セミナーの講師を勤めます。

徳重大輔が、2019年7月3日(水)~7月5日に東京ビッグサイトで開催される「第3回バイオ医薬EXPO」において「バイオ医薬品の特許出願動向と最新事例」というセミナー(リード エグジビション ジャパンが主催)で講師を勤めます。



[講演内容] 最近話題のバイオ医薬品をいくつか取り上げ、製品毎にどのような特許出願がされているかを解説する。さらに、ここ1~2年のバイオ医薬品の訴訟、無効審判、異議申立の事例を解説する。取り上げるバイオ医薬品としては、本庶佑先生がノーベル賞を受賞された免疫チェックポイント阻害抗体医薬(抗PD-1抗体=オプジーボなど)が半分以上で、残りは核酸医薬、iPS細胞などを予定している。

[講演者プロフィール] 2009年よりSK特許業務法人に勤務。バイオ・医薬分野を中心に、特許出願の明細書作成、国内外出願、拒絶応答、特許調査、鑑定、訴訟などに携わる。また、ブログ「BIOPATENTBLOG」でバイオ・医薬分野の知財情報、判決例を紹介している。

徳重大輔が運営しているブログ【バイオパテントブログ】、ウェブサイト【知財ニュースCOM】、【医薬ニュースCOM】とも併せてお楽しみください。